のぼりを設置する場合のルール

OFF

のぼりを設置する場合には自由に考えていいのでしょうか?場合によっては市区町村の許可が必要な場合があります。

管轄している役場に確認しましょう。

届出しなければならない場合もあります。

街路樹・ガードレール・信号機の周辺は不許可になっています。

歩行者や自動車の通行の邪魔になる場合もトラブルになります。

今回は【のぼりを設置する場合のルール】についてご紹介します。

◆のぼりのサイズ

縦の長さや横の長さや表示する面積まで規定が細かいところもあります。

地上からの高さや許可期間も決められていたりします。

許可手数料を取る場合もありますよ。

◆屋外広告物法

のぼりや看板など屋外広告物の表示にも制限がある京都のような例もあります。

そのエリアの景観を壊すデザインではないかも配慮しましょう。

のぼりは景観を壊す掲示物と見なされるケースが多いです。

地方自治体によっては条例で規制をしていることも少ないないです。

◆規制がなくても景観を意識すること

店舗やイベントのイメージも上がらないと意味がありません。

周辺ののぼりをチェックして景観に問題がないか・インパクトを与えられるかを考えましょう。

◆不当競争防止法

日本一や世界初など安易な表現をしてはいけません。

客観性がない場合は法律に抵触します。

誰が見ても誤解がないような表現をすることが大事です。

最上級の表現をする場合には特に問題がないのかどうかを冷静に判断することを覚えておきましょう。

This post was written by , posted on 5月 29, 2017 月曜日 at 10:12 pm

Comments are currently closed.