うちわは日本では企業の宣伝などに使われることが多いです。

うちわは紙でできていること、利用する人が多いこと、手頃な価格でオリジナルのものが作れることなどから、宣伝に使うという使用用途が考えられました。

明治時代からこういった宣伝用途で使われていたことからもわかる様に、うちわの宣伝は有効的であるということです。

オリジナルのうちわを作るには、数が多い場合はうちわ専門の製作業者に依頼することが一番です。

うちわ専門の製作業者では製作本数が多ければ多いほど、単価が安くなります。

最近ではスピード納品をサービスとしている製作業者も増えて来ていて、製作日数の短さもポイントとなります。

オリジナルのうちわは、フルオーダーとセミオーダーがあり、フルオーダーの場合は両面デザインを入稿し製作、セミオーダーの場合は既製のうちわに少しの文字情報を足すと言った様な感じになります。

セミオーダーの方が安価で作ることができます。

フルオーダーでオリジナルのうちわを作る場合、そのデザインが大事になってきます。

宣伝などの場合、デザインがごちゃごちゃしてしまうという場合もありますが、人の興味を引くデザインであるか、内容がわかりやすいか、色やデザインが使ってもらいやすいかなどを考えて作ると良いでしょう。

宣伝用のうちわは人にどれくらい長く使ってもらうかでその効果も変わってきますので、どこでも誰でも使ってもらえるデザインを考えましょう。

ハリセンス公式(うちわ情報)