不要になった、のぼりはどのように処理されるのか

OFF

イベント期間や季節に応じたのぼりは、時期がすぎると不要になります。

長持ちするタイプの素材を使っていても、ほつれや色あせがあれば見栄えも悪いです。

新品と交換しますが、古いものはどうなる運命なのでしょうか?今回は【不要になった、のぼりはどのように処理されるのか】についてまとめておきましょう。

◆リサイクル処理

商品となったもので再利用できる素材をもう一度新しく蘇らせます。

例えばロックフェスで利用されたものをエコバックに作り替えたケースがあります。

◆回収して処理

回収業者へ持っていく場合もありますが、回収業者に取りに来てもらうサービスもあります。

分別も回収業者がしてくれることもあります。

のぼりは布の部分だけではありません。

ポール部分や土台も回収してくれるので依頼するほうが便利です。

◆廃棄処分

のぼりを長い日数利用すると、日に焼けてしまいます。

色褪せてしまったり色がほつれたりすると、もはや価値はありません。

消耗品と割り切って処分します。

ダメージがなくても日付や回数などの文言があれば、次に転用することはできません。

ゴミとして廃棄するのが普通でしょう。

廃棄する場合は、燃えるゴミ・資源ゴミ・粗大ゴミなどお住まいの都道府県市区町村によって分別の方法が異なります。

地方自治体に確認して、違反行為がないように処分するようにしましょう。

◆いかがでしたでしょうか?

不要になった、のぼりはどのように処理されるのかは3つのパターンに分けられます。

This post was written by , posted on 7月 10, 2017 月曜日 at 8:18 pm

Comments are currently closed.